2015年05月06日

BROMPTON純正のサドル

Untitled

なんの変哲も無いBROMPTONの現行標準サドル。コレ以前のモデルに比べれば見た感じは、今風でスタイリッシュ。アッパーは、上部にシボというか凹凸をつけて滑り止めに、サイド部はペダリング時の摩擦が少なくなるようにツルッとした革との2種類の合皮を使いわけてるんじゃないかと思うんだけどどうなんだろうか。それによる縫い目もデザインのアクセントになって、少し高級感もあり…。


BROMPTONのサドルたらしめているのは、折り畳んだ状態でサドルをつかんで持ち運ぶ際に、指の間にフィットするようにかたどられたノーズ下部の造形か。

Untitled
実際の乗り心地はボク自身数キロしかまたがったことがないので解らないが、家内は100Km近く走ってもオシリは痛くならないという。サドルばかりは、人によって好みが完全に別れることが多いパーツなので断定は出来ないのだが(コレ以前のサドルが最高だと言う方もいらっしゃる)、カラー展開もしていたりするのでグリップともにBROMPTON社も自身を持っているサドルなのだろう。
変に柔らかすぎず、適度なクッション性で気に入って他の自転車に使っているSelle italiaのBROOKLAND(廃盤)に似た印象を受ける。純正パーツに多くは望めないけど、サドルの横幅なんぞも選べる事が出来たら最高だなぁとおもった今日この頃です。

タグ:サドル
posted by キヨ at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418519076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック