2016年12月30日

カンビウムC17のテストついでに谷津道を通り九十九里で美味しい食事を頂いてきたの巻

IMGP7464

前記事のサドルテストで走った道筋。サドルのテストのためにBROMPTONでひたすら走るだけではもったい無いですしね。

「谷津道」でググると自転車関連の記事ばっかりでてくる。じわじわブームが来ているのだろうか?谷津と呼ばれる千葉北部に多く見られるとても緩やかな谷。その谷を通る谷津道と呼ばれる道。どこと決まった道ではないので自分なりの道を探すのも楽しさの1つであるようだ。いそいそと走る感じでもなくゆっくり風景と空気を楽しみながら走ることができる道はBROMPTONにピッタリ。

谷津道を走り抜け九十九里まで

IMGP7461

谷津道を教えてくれた記事


じてんしゃ三昧/房総の谷津道と古道で銚子までロングライド
中央学院高校生物部/谷津の成り立ちと谷津の現在
千葉育ちで「谷津」と言う名前や土地も知っていたが、こういうことだったとは興味も湧かなければ探求もしなかった。

いわゆる里山であるが、道を探しながら走っていると急に「ポッ」と現れる異空間に出くわすのが面白い。僕も最初、坂を下っていった窪地でそんな場所に出くわして「わぁっ」となった。周りは木々に囲まれて外界の音が遮断され、無機質な人工物が無い(人の手が加わった里山だけど)空間。そういう場所はいくらでもあるでしょと言われればそうだが、走っていて急に予想もしない空間に「ポッ」と出くわすのがなんとも不思議なのです。その場所は1km程度の狭い範囲でまるで結界が張られている場所なんじゃ無いかと思わせるような不思議空間です。

コセンダングサ

知らぬうちにコセンダングサの強襲を喰らう。この季節ならではの不意打ち。

九十九里浜にでたらついつい入っちゃう2店

九十九里浜は全長66kmあるので言い切れませんが、僕が走るちょうど浜の中間あたりの2店を紹介。絶対行くとか言ってまだ3回目ですが。

徳兵衛屋商店

徳兵衛屋商店

とうふ屋さんである。直売所では豆腐関連はもちろん豆腐をつかった甘いものなども侮りがたい。カフェも併設されてコーヒーや甘味が頂けるようだ。
出来たら午前中に辿り着きたい。なぜなら午前中に限り豆乳の無料サービスもあるのだ。ここまで走ってちょっと疲労感が出始めるかなぐらいの体に染み渡る熱々の豆乳がたまらない。ここで豆乳飲んでから豆乳がマイブームです。

徳兵衛屋商店のとうふコロッケ

ここで食べるのは、豆腐コロッケ。豆乳とコンボでいただければ言うことなしなんだけどこの日は豆乳品切れ。豆腐屋さんの朝は早い。無料でなくてもいいので熱い豆乳が飲みたかった。それはそうと、このコロッケは注文してから揚げてくれるので熱々。丸っこくてボリュームがあり、みじん切りの野菜も入っていて、あっさりジューシー(?)でメンチカツのような食べ応えで◎。

金沢魚店 食堂

金沢魚店

この辺りに食事処はわりと多い。その中で一際目を引く吸い込まれずにはいられないこの佇まい!伺った日は年内最終営業日かつあと10分で店じまいとう所であったので、いろいろと滑り込みセーフな状況でした。いやいや、暖簾をくぐれて良かった!

金沢魚店 アジたっぷり定食

アジたっぷり定食
ぷりぷり刺身と味噌とニンニクor生姜?でしっかりと味付けされた“たたき”(なめろう)!完全にお酒が必要である!!しかしまだまだ自転車で走らねばならないのでね(泣)木のお椀にはつみれ汁。大きくてふわっとしたつみれがまた美味しかった。あぁ〜魚料理はいいね。そしてイワシの胡麻漬け。ここにきて初めて知った郷土料理。かすかなゴマの風味しっかりした旨味と歯ごたえでご飯が進みます。というかお酒が…
食堂の営業は通常12月23日で早めの仕事納めらしいが、今年はイレギュラーでこの25日まで営業されたいました。毎年早めに収めるのは、年始用の胡麻漬けの注文が殺到しているらしくその仕込みが大変だからとのことだった。ご苦労様です!

この寒い時期だったらとうふコロッケもゴマ漬けもお土産に買えたな。失敗。。。うーん記事書いていたらお腹減ってきました。

スタート時にGPS取得できず途中からですが、今回走ったルート。
復路は行きとは変わってアップダウンの多い道になった。それでも緑に囲まれて走るのは気持ちが良いもの。市街が近づくとどうしてもそういった風景は少なくなっていき、暗くなり始めたこともあって国道メインで走ったがテンション低めの帰り道。次回はこの辺も考えた道筋考えたいですね。



タグ:千葉県 BROOKS
posted by キヨ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | BROMPTONサイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック