2017年01月04日

2017 初乗りBROMPTON

手賀沼とBROMPTON
※記事中の写真はすべてクリックで拡大されます

正月も三日目、今年の初乗り。新たな風景を求めてBROMPTONで走りに出た。
手賀沼を目標に別の谷津を探しながらのコース。本当は利根川まで出て野田を回って江戸川を下るロングコースを考えていたのだが前日全く眠りにつけなくて遅いスタートとなってしまったため70kmぐらいの楽な距離に変更したのだった。

手賀沼へ向かってひた走る

IMGP7568.jpg

初めて走る道なので、その都度確認でストップしたり、また距離が短いので焦ることもなく、トロトロゆっくりゆっくり走った。しかし今回は、あまり「はっ」とするような風景に出会うことはなかった。
こちら側に限った話ではないが、こちらは特に緑の風景にのどこかに必ず工場の類がセットになっていたのがその原因かな。それにしてもソーラーパネルの設置が目につきますね。活用されていない土地をというのなら、まだ…まだしも。という感じですが、山を切り崩してまで設置しているところを見るとギョッとしてしまう。
そして手賀沼の周辺は綺麗に整備され公園としては良いのだけど、整備されすぎてこれもまた何か面白みに欠けていた。

手賀沼の白鳥

さらには、せっかく手賀沼まで出向いたのに中央学院高校生物部HPで紹介されていた岡発戸都部の谷津のことをすっぽり頭から消えていてスルーしてきてしまったこと。そこには期待していた風景はあっただろうか?
それにしても、うーん。正月ボケ?

しるこニウムとBROMPTON

僕の冬の糖分補給は「シルコニウム」である。缶汁粉はいろいろ飲み比べてみた結果、伊藤園が好み。他のメーカーは甘みが強くてダメ。伊藤園の自販機は遭遇率が低いので、甘みを欲した頃合いに発見できたらとてもラッキー。

片山兵主八幡神社と富塚鳥見神社

お目当ての食事処は当然正月休み、ハッとする風景との出会いもなく、ただ走っているだけの中で目を引く2つの神社に参拝した。散策しながら走っていると神社と遭遇する確率は結構あって今回もそうであったが、積極的に参拝することもないのだが、今回は2つの神社になにか惹かれるものがあって参拝することとなった。正月ということもあってなにかが発せられていたのかもしれない。

片山兵主八幡神社


曲がり角の目印にチェックしていた神社だったのだが、最初に目に入った鳥居から道路と平行して長〜い長〜い参道が気になって立ち寄った。写真は撮らなかったのでお見せするものがないが、長い参道の入り口にある南の鳥居に加え北と東にもそれぞれ鳥居があって面白い造りをなしていた。南側の長い参道はその昔流鏑馬に使われた馬場だったそうだ。

富塚鳥見神社


富塚鳥見神社

兵主八幡ほどではないが、小さな規模ながら長めの参道の先にある本殿の全体に施された彫刻がただただ見事であった。少し調べると、ここの本殿は建造・修築の来歴のはっきりとした貴重な神社建築で、この見事な彫刻は竹田重三郎によるもので、左甚五郎の系譜の名工ということです。いやいや本当にみごとで今日はこれを見に走りに出たんだなと感じました。

富塚鳥見神社 向拝柱 龍の彫刻

そういえばCAMBIUM

というと前回ほどではないにしろおケツが痛くなってしまった。よさそうな感触もある中での痛みなのでもうちょっと探ってみたいところである。そもそもBROMPTONに長く付けとくつもりはないのでアレなんですが、以外と白(っぽい)のサドルが新鮮というか結構気に入ってしまってどうしようかと思い始めてもいたりして…。
穴開きカンビウムでこれなのでノーマルはダメそうだなとも思ってたり。

それにしても、そんなに距離を走っていないのに前回よりとても疲れてしまった。ゆっくりすぎても疲れるんだよね。



タグ:千葉県 BROOKS
posted by キヨ at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | BROMPTONサイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445536366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック