2015年02月15日

BROMPTON 折り畳みペダルを2015年モデルの様に改修するの巻

BROMPTONの折り畳みペダルはとても優秀ですが、必要以上に倒れ込んでフレームに傷が付いてしまうという事が多々起きることがあります。左クランクの裏側にピンを打ち込んで倒れ込みにくくするというのがかなり昔からある方法で、そのアイディアをメーカーが正式採用したことで解決したものだと思っていたら、実は穴があってやはり不用意に倒れ込んでしまう事があったのです。これは僕も気になっていて、フレームに傷が付かないようにするには、BROMFOOTを装着したり、輪行時にカバーをかぶせたりするしかないのかと思っていたのですが、わりと単純に解決できたのです。
それが、BROMPTONの2015年モデルから採用となったわけです。ネットで紹介されている写真を見るとクランクのストッパーに当たる部分のプラスチック部分にへこみが付いているだけのようで、どうやら以前のペダルのプラスチック部分を2015年モデルと同様に削るだけで同様の効果が得られるようです。解決法を知ってしまえば、「そうなんだ」という感じですが普通はコレにすら気づかない訳ですから思いついた人はエラい!すでに加工をしてしまった人もいるようで、先をこされた感があるのですが自分もやってみました。プラスチックは加工し易いですからね。

Untitled

まずは、ペダルをばらします。自分のは、純正クランクでないのでストッパーも付けておらず加工しても意味が無いので、家内号用に加工します。しかも、家内号は飛行機輪行のときにペダルが不用意に倒れてフレームに傷が付いてしまったのですよね。せめて養生しておけば良かったと後悔。
いきなり家内号のペダルをいじって失敗したら怒られるので、自分のペダルを加工してみます。

Untitled

いきなり加工後の写真…。
ネットの写真を参考に、カッターナイフで大まかな形に削り取り、棒ヤスリで形を整えていきました。2015年モデル同様にしたかったのでなだらかな曲線が出るように、丸ヤスリや半丸ヤスリを使っています。最後に紙ヤスリで表面を整えて終わりです。なんだかんだ1時間ぐらいの作業でしょうか。
別になだらかにしなくても、ストッパーが引っかかるように加工出来ればよいので角ばったりしていても問題なさそうです。

Untitled

裏側はこんな感じに…。

Untitled

2014年以前のモノと比較。っていうかどっちも2014年以前のモノだから加工したモノとしてないモノ。

Untitled

クランクに取付けると、加工したくぼみがストッパーにぴったりハマっています。実際にかなりの力を加えてみても内側に倒れ込まなくなりました。元の平なときは左右に振った状態で力を加えるとスルリと内側に倒れ込んでしまったのですが、面白いように倒れ込みません。(へんな表現)まるで催眠術にかかって身体が固くなってしまった人のようです。
加工は成功したので、家内号ペダルを加工…と思いましたが面倒だったので、プラスチック部分だけ交換して正式に家内号に取付けました。自分のクランクにはストッパーないしね。

新しいタイプのペダルを買うのもありですが、自分で加工出来るレベルだと思うので純正ペダルをお使いの方は、挑戦してみてはいかがでしょう。
タグ:ペダル
posted by キヨ at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月31日

BROMPTONシートポストエンドキャップをまじめに作る その3



自作エンドキャップをシートポストに取り付けます。結構簡単に入ってしまうし、取り付け後も指でクルクル廻ってしまうので内蔵のキャップボルトを六角レンチで締めます。エンドキャップが手の力で回らなくなるぐらいに確認しながら…あまり強く締めるとゴムが割れてしまうので注意。



取り付け完了!
まじめに作ると言ったわりに結局アバウトになってしまいましたが、まぁいいか。見た目も悪くないし、機能的にも問題無しです。
posted by キヨ at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月30日

BROMPTONシートポストエンドキャップをまじめに作る その2



シートポストに仮組したところ、走行中に落ちる可能性があったので少し工夫します。というか本家のアイディアを真似します。ボルトとナットで挟み込んでつぶす事で、シートポストに挿入する部分の径を膨らませて固定力を高めるアレですね。用意したのは、M6のキャップボルトとギザ付きの座金ナット。ギザがあることでナットが空回りしにくくなる事を期待します。



ゴム内に埋まっているワッシャーの穴をドリルで拡張する手間がありましたが、中央の穴にキャップボルトを通してナットで締めるだけ。重さは、本体25g、ボルト類10gで合計35g。前回作ったエンドキャップは17g。中に入っているワッシャーの有無や素材の違いでしょうか。でも純正BROMPTONシートポストエンドキャップが43gということで、すこし軽いし値段に至っては1/10程度に押さえられるので、十分でしょう。ゴム素材は、以前使ったゴム足の方が軽くて良さそうですね。

取り付け写真などはまた次回に…。

その3へ続く
posted by キヨ at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする